新しい暮らし方とシェアハウス

近頃若者を中心にシェアハウスが注目されている。
以前は、敷金礼金を払い、家財道具一式を運び込み、
長期間同じ所で暮らすことが主流であった。
シェアハウスは、例えば一戸建てを数名で共有する。
お風呂やトイレは共用で、各個人の部屋がある。
同居人同士でご飯を作って一緒に食べたり、
リビングで談笑したり出来る。
同居人も、家族や恋人に限らず、
それまで面識がなかった人ということもある。
シェアハウスが支持されている理由として、
ライフスタイルの多様化が挙げられるだろう。
結婚、出産、子育てという従来の生き方に縛られず、
単身者が増え、個々人が自分の生き方を選べるようになった。
しかし一人暮らしは家賃や家財道具購入の負担が大きいため、
皆で共有することでそれらの負担を軽減することが出来る。
一緒に住む相手を固定するのではなく、
色々なライフスタイルの人と交流することで、
自分の世界を広げることも出来る。
最近では多世代型のシェアハウスも流行っている。
夫婦と小さい子供、単身の高齢者、若いカップルなど、
まさに老若男女が一つ屋根の下で暮らしている。
日々の食事準備や家事を分担し、
それぞれが役割を持ち、助け合って暮らす。
まさに多様化の時代にフィットした生き方ではないだろうか。

>最近の投稿

不要になったカメラを少しでも高く処分できないかと考える人も最近は多いと思います
物置から出てきた現代アート
宅配買取はほとんどデメリットがない
ブラシで取れないトイレの汚れを掃除屋に任せたい

毎月の固定費を安くするプランをスムーズに探せる
赤ちゃん連れでも楽しめる箱根旅行
健康的に生きるには水素水をサーバーから摂取しよう
内田俊一郎のカリスマについて。
二日酔いで辛い時には水素水がいいんです
交通事故の慰謝料の計算方法
行政対策も薬事法ドットコムできっちりと

メニュー