病気になったときにとりうる将来子供を持つための手段

女性がガンの宣告を受けた時、立場によって考えることは異なると思います。
家族がいればお子さんや旦那さんのことを考え、妊娠中であれば子供を産むこととの選択に迫られます。
一方、これから結婚や出産を控える女性なら、まずはとにかく元気にならなくてはと治療に専念されることでしょう。
実は抗がん剤治療によっては月経が止まり、最悪の場合、年齢が若くても閉経してしまうリスクがあります。
閉経すれば、いかにガンを克服して結婚しても、自分の子供を自然に授かることは難しくなります。
これまではリスクの説明もなく、ガン治療を終えて妊娠できないことが分かりショックを受ける女性もいました。
もっとも、リスクの説明を受けたところで、治療をやめて自分の命を犠牲にしてまで妊娠の可能性を残すのかといった選択しかできなかったかもしれません。
ですが、今の時代は卵子凍結という将来妊娠できる可能性が残されています。
ガンの主治医と生殖医療の医師や機関が連携できる体制にあれば、治療をスタートする前に卵子凍結を行うことが可能です。
そのためには卵子の状態の確認や、治療が直ぐにスタートできないといった辛い時期もありますが、将来妊娠の可能性が残されることで、これから始まる苦しい抗がん剤治療にも耐える勇気がもたらされます。


メニュー