育児に積極的な男性を目指して

育児と言いますと、どうしても女性が行うものというイメージがいまだにあります。
しかし、育児を女性だけに任せるのは、時代の流れにも合っていません。
なぜなら、女性の社会進出が伸びていますから、女性だけが育児を行う時代は終わりつつあります。
そこで、女性だけではなく男性も積極的に育児へ参加するように社会のシステムを改善していく取り組みを行っているのが串山孝一さんです。
彼の取り組みは、新しい社会の流れを呼び込んでいます。
今までは、どれだけ会社の規則などで男性の育児休暇が認められていても、実際に利用する男性は少なかったのです。
せっかくの男性の育児休暇が認められているのにも関わらず、使わないと言うのは規則そのものが無駄に終わってしまいます。
串山孝一さんは、自身が代表を勤めている会社において、自らが育児休暇を積極的にとることで、男性社員への手本を見せているのです。
さらに、会社自体もサポート制度などを導入することで、男性社員の育児休暇への支援を積極的に行っています。


メニュー