寝ている間に角膜の屈折率を調整して日中は裸眼で過ごせるオルソケラトロジー

目で物を見るときには、角膜から入った光が焦点を結んで像を作ります。
角膜を通った光の屈折率によっては、焦点の位置がずれてピントが合わなくなり物がぼやけて見えるようになります。
近視はこうした角膜の屈折率の異常のひとつです。
角膜の屈折率を調節して焦点の位置を正常にするのがメガネやコンタクトレンズの役割です。
またレーシックなどのレーザー治療では、角膜そのものの形を変えることで屈折率を変えて物がよく見えるようにします。
こうした視力矯正に続いて注目を集めているのが、オルソケラトロジーという治療です。
この治療では、角膜の持つ柔軟性があって形が変わりやすいという特徴を応用しています。
オルソ治療では、ひとりひとりの角膜の形と視力に合わせた特殊なコンタクトレンズが処方されます。
この専用のコンタクトレンズを就寝中に装着すると、レンズの形に合わせて角膜の形が変わって屈折率が正常となり、朝目が覚めた時には一時的ですが近視が改善されています。
個人差はありますが、オルソケラトロジー用のコンタクトレンズをつけている時間に比例して効果の持続時間は長くなるのが一般的で、覚醒中はメガネなどを使わなくて済むようになる人もいます。
東京池袋の眼科松原クリニックは、オルソケラトロジーが日本に導入された当初からこの治療を行っているクリニックです。
オルソの技術と経験・実績では、国内では松原眼科の右に出る医療機関はありません。


メニュー