内田俊一郎のカリスマについて。

若い人たちの間でその生き方、その話すこと、そしていままでの足跡に感動して心棒者を作りだしているカリスマと呼ばれている経営者がいます。
内田俊一郎氏は、留学した先で環境問題にどっぷりつかり、今のエネルギー業界に興味と関心とその行方にビジョンを構築したのです。
日本に帰って来てから、その思いを温め続け、九州を基盤にして会社を興します。
会社設立して5年の間にグループ全体として連結売上高100億円を達成しようかというところまでグループをもっていた手腕は驚愕といえるでしよう。
「自分がいなくなっても生き続ける企業形態を作りあげたい」という大きなビジョンを前面に出している内田俊一郎氏のビジネス哲学と太陽光発電とそれに付随する売電システムは、ピッタリとマッチングして、まさに水を得た魚のような動きを続けてきた5年間であったとも言えるでしょう。
九州・福岡に本拠を置くロハスホールディングスグループの総帥として、既に伝説の人になりつつありますが、世界展開するソーラーパネルメーカー「ヘリオスエナジーヨーロップ」と提携を結ぶなど、様々な戦略を打ち出し、その活動は停止することを知らないのですね。


メニュー